• b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

アファメーション

February 8, 2018

「自分には既に才能があって人を魅了する内容ある表現が出来る」

というアファメーションで実際に行動すると、

当然ながら、はじめは人前でみっともない事になりがち。

実力が伴っていないのだから。

でも、本当にそう思っている人は最速で目指すレベルに達する。

それが、本来の自分なのだと思ったら、慌ててそのレベルに行ってしまう。

気付かない内に。

 

自分のゴールが本当に好きな時には、みっともないという他人目線より、

ゴールに臨場感を感じてしまっているので、無意識にその通りになってしまう。

 

逆にいうと、

他人目線を感じている間は本気ではない。

そのままだとずっとみっともないと感じて、

永遠にその通りになる。

たとえ前進しても非常に遅いか、目的がいいかっこするためになる。

つまり、他人目線で生きることになってしまうので、

自分の人生を生きていない。

 

自分の人生を生きることがもっとも幸せ。

心から幸せを感じて日々生きよう。

 

傍目ではいくらみっともなくても、抽象度の高い、本気のゴールがあれば、

人がどう思うかなんて全く気にならない。カッコいいカッコ悪いなんて気に留まらない。

最高に楽しくて、最速最短でそのゴールに向かってしまう。

ゴールに達成すれば、今度はカッコいいと思われる。

しかし、本人は次の新しいゴールに夢中で依然他人目線なんて全く見えない。

永遠により高いゴールを達成し続ける黄金のサイクルになっている。

 

どちらにしても、

それが自然の道理なので、

後は、自分で選ぶだけ。

 

他人の人生か

自分の人生か

好きな方を選ぶだけ。

 

本気なら、

選ぶまでもない、

自然に任せるだけ。

 

「選ぶ」から「本気」へ。

この橋渡しをするのが、

本来のアファメーション。

 

 

# アファメーション

# 自分の夢

# ゴール

# 「選ぶ」から「本気」へ

Please reload

Please reload