• b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

いつもベスト

February 12, 2017

私はすぐに緊張してしまうたちなのですが、

どういうレベルかというと、

 

例えば、普通に外を歩いているだけで

通りがかりの人が独りでもいると

緊張して目のやり場に困ったりします。

どう歩いて互いに通り過ぎれば良いのかとか。

 

チョッと可笑しいですよね。

 

人とのミーティングなどでも、

ちょっと我の強い自意識の強そうな人がいると、

もう緊張して普通に話したり出来なくなる事があります。

 

これではたまに社会生活に支障をきたすこともあるので

半ば病気といえるかもしれません。

 

この人前で緊張してしまうのは

何故なのでしょう。

 

西洋人には理解できない事なのかもしれません。

緊張する理屈が解らないと思います。

 

もちろん、緊張すると

人前で可笑しな様子になったり、

話しが普通にできなくなります。

 

筋肉は緊張で硬くなるし、

視野も突然狭くなります。

 

要するに、見っとも無いことになります。

そして、それがトラウマっぽくなって、

次にまた同様の状態になってしまいます。

本当に悪循環です。

 

声も上ずって

細く高い声しか出なくなります。

そうすると、大きな声を出すのも

恐怖になって、頑張っても上ずった細い声しか出ません。

 

このゾーンから脱出して

新しいゾーンに無意識から全部トランスしてしまう必要があります。

 

そして、人前が好きになるように

新しい自分に根っこからなりきることが大事になります。

 

少しでも緊張したら自分らしくないということです。

即自分らしい状態に戻すということを

いつもやり続ける、繰り返し繰り返し。

もう緊張することが、まったく別人のすることのようになるまで。

 

以前会った人の中に、

人前で緊張したり、頭が真っ白になったりしたことがないと言う人がいました。

私はほぼいつもなので、本当に驚きでした。

 

今からは、こういう人になりきって生きていこうと思います。

どんな時も微塵も緊張しない、

もししたら、書き換えてしまいます。

何度も何度もすぐに書き換えて

緊張というう言葉をなつかしく思えるようになりたいと思います。

たった今から。

 

半年後くらいにどうなっているか

報告したいと思います。

 

 

 

なりきってしまっていたら、

そのことも忘れてしまっているかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Please reload