• b-facebook
  • Twitter Round
  • Instagram Black Round

July 31, 2018

フィギュアスケートのアメリカの代表選手は

前回オリンピックの浅田真央さんを彷彿させると言われていまして、

ライバルの羽生選手の完璧な演技の後だったこともあってか、

1回目の演技で想像できない大失敗を連発してしまいました。

でも、2回目では予想を遥かに超えるダントツ一番の演技!

この出来事は本人のことと言うよりも、人間の生態現象の典型例なのかなと思います。

ありえない失敗によって、

「完全に吹っ切れた。」

囚われていた視野の狭い世界から、広大な可能性の世界へ。

彼はアジア系アメリカ人の様に見えましたが、

この現象はアジア系の人によく起こると言う印象が以...

February 17, 2018

< 羽生さんの演技やインタビューを観て思ったこと >

それは、無意識に自我を超えた時に起きるのでは。

普通は自分のこと、体裁、社会的地位、お金のことなど

他人目線の中での夢や目標に囚われて、

凡人の次元で人生を送ることになる。

そこから心から脱して、

余裕で広大な宇宙を生きる。

宗教的なことにも似ているけれど、

更にそういう”人間の言葉“の枠組みからも脱して、

もっと高みにある無限のレベルに

ダイレクトに繋がることができる。

つまり、神様とか天使とか宗教的な言葉を使わなくても

無限のレベルに繋がる事が出来る

そこに繋がった時に、

異次元のポテンシャルが

現われる...

February 16, 2018

今日フィギュアスケート男子個人ショートプログラムの演技をたまたまテレビで観ました。

ちょうど最終グループの数名の中に羽生さんと宇野さんがいて

しばらくテレビにくぎ付けなってしまいました。

羽生さんの演技は素人が見ても満点に違いないとはっきりと分かりました。

アナウンサーは「異次元の演技」と表現していました。

羽生さん以外の選手は小さなミスも含めてどこかに無理があったりしましたが、

羽生さんだけは別格でした。

この最終グループ全員の演技が終わった後、羽生さんのインタビューがあり、

その中で印象的だったのは、

今回のオリンピックの前何か月もの間、怪我によ...

February 8, 2018

「自分には既に才能があって人を魅了する内容ある表現が出来る」

というアファメーションで実際に行動すると、

当然ながら、はじめは人前でみっともない事になりがち。

実力が伴っていないのだから。

でも、本当にそう思っている人は最速で目指すレベルに達する。

それが、本来の自分なのだと思ったら、慌ててそのレベルに行ってしまう。

気付かない内に。

自分のゴールが本当に好きな時には、みっともないという他人目線より、

ゴールに臨場感を感じてしまっているので、無意識にその通りになってしまう。

逆にいうと、

他人目線を感じている間は本気ではない。

そのままだとずっとみっと...

October 25, 2017

今までずっと、

オーセンティックな心とか

本当のことを表現することに誇りをもって来ました。

でも、当たり前のことですが、

馬鹿正直になってしまうと、

人を傷つけたり、避けられたり、

ということに繋がりやすいです。

いい風に働くと、ポジティブな表現が

すごく気に入られたり、

感動を与えることに繋がります。

要するに、

人前で反応的な表現をとると

コントロールが疎かになって

その場だけの偶発的なコミュニケーションになるので、

社会的に不安定な存在とみなされてしまいます。

私は、そのことが嫌いではなく、

むしろ、積極的に「オーセンティック」でいたいと思ってきました。

なぜ...

November 15, 2016

名コメディアン。最近はSNLのヒラリー・クリントンさん役で有名な方です。

いつも自分のベストパフォーマンスを遣り切って居られるように思います。

何度かYoutubeなどで拝見しただけですが、

本当に尊敬してしまいます。

一方、私は異常なほど人前が苦手。(何故か大丈夫なこともありますが。)

家庭環境や遺伝的なことが大きいと考えています。

小学生時代の後半概ね全期間に渡って

トラウマ的恐怖のような、私にとって恐ろしい夢想の状態を

時折ですが繰り返しました。

夜も時々寝とぼけて、(その時に心に映っているのは暗黒の、抽象的な幻覚世界)

怖い怖いと本気で叫びなが...

May 28, 2016

2016年5月27日は印象深い一日となりました。

 

オバマ大統領の広島訪問と演説

マイケル・ムーアさんの新作映画「世界侵略のすすめ」日本公開

 

この二つのことが同日に起こったことは、

今の私に良い刺激になりました。

 

差別や偏見、戦争は

人間が誕生して以来ずっと行われてきた

と考えられています。

 

人間の基本的な権利は

世界中で広められるように

努力がなされてきましたが、

戦争と差別は最近逆に身近になって来ています。

 

権益の奪い合い、宗教人種差別、テロ

 

私は、オバマさんの演説とマイケル・ムーアさんの映画、

それから、自分が最近学んできたことから

共通のことを...

March 9, 2016

『つまり、あなたがいくら理想的な夢や目標をもっていたとしても、

 

潜在意識が自分にとってふさわしくないと評価したら、

 

達成するための行動ではなく、

現状維持を続けることを選択してしまうんです。』

 

 

数年前、実際に身をもって体験するまで、

このことが本当には

身体と心で解っていなかったのです。

 

それまでは、薄っぺらな知識の一つに過ぎなかったのです。

大事なことだという単なる知識に過ぎなかったのです。

 

 

 

また同じ経験を繰り返すかもしれないですが、

数年前の体験は忘れることはないでしょう。

 

本当にこのプリンシプルの典型例でした。

 

当初は、

どうしたら...

May 29, 2015

スピーチセラピストの役割

 

スピーチレッスンを通して、

キングを本当のキングにすること。

 

自分のスタイルと信念を

揺るぎなく実行し、

それがこのケースでもベストであると

確信すれば、

動ずることなく相手と接する。

 

たとえ、相手が自分の国の国王であっても。

 

 

常に、相手の目標を心底から第一に考える。

 

本人が自分自信で成し遂げることが欠かせないので

ストレートな言葉も大事。

 

 

再度映画を見て、

人の役に立つということについて

考えてしまいました。

 

誰もが自分の人生に対する「本当のキング」になることが出来ます。

 

 

May 28, 2015

英国王のスピーチ

吃音者が、一国の王として、人前で話すことを避けられない運命の中で、

克服していく、実話に基づいた映画です。

 

実際に映画を見るまでは、単にちょっといい映画なんだろうなと思っているだけでした。

実際に見てみると、私の心の”タコメーター”は始終レッドゾーン付近を指し、

何度か振り切れるような状態でした。

 

吃音者の苦しみは私には想像することしかできません。

きっとトラウマをいくつも抱えているような毎日なのかもしれません。

 

今回、私は少し違った大変印象に残ったことを書きたいと思います。

 

それは、親や兄弟など小さい時から身近にいた人たち...

Please reload

SEARCH BY TAGS:
ABOUT ME

Enjoy Your Beautiful Future NOW, with the brightest colors.

今、一人一人が最高の未来にいるという確信から見えるもの。

いろいろな気付き

思うこと感じることの走り書き

一緒に考えるコーチング

 - KUDOS 7.83

 - BRIGHTEST

October 10, 2018

February 8, 2018

October 25, 2017

February 12, 2017

Please reload

Please reload

  • Facebook Vintage Stamp
  • Twitter Vintage Stamp
  • Instagram Vintage Stamp
FOLLOW ME:
WHERE AM I NOW ?
Please reload